2016/11/29

口からのグルコサミンは効果あるの?

みなさん、こんにちは。
ピラティストレーナー、理学療法士の高橋です。

今日は前回の続き「ヒアルロン酸」と「グルコサミン」のお話です。

皆さん、サプリでお手軽にグルコサミンを摂取できたら!なんて思っていませんか?
はたしてその効果は?

ずばり、口からとる場合、”効果はありません”。

厚労省管轄の国立健康栄養研究所の「健康食品」の安全性有効性情報のサイト(https://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv_agreement.html?24)でもこんな説明をしています。

”硫酸グルコサミンの摂取が骨関節炎におそらく有効と思われている。ただし、重篤で慢性的な骨関節炎の痛みの緩和に対しては、その効果がないことが示唆されている。

若い人が長期にわたって摂取すると、自然な軟骨再生力が低下する可能性がある。”

20161129-155747.jpg
「くすりと健康の情報局」より引用

膝の軟骨に意識的にグルコサミンを摂っても、グルコサミンのアミノ糖を口から摂取しても、膝の軟骨に対しては効果的ではないんです。

サプリはあくまで、健康補助食品。

本気で膝の痛みを治したいなら自主的な運動、生活習慣の見直しを心がけてみましょう。

そこで次回は、5分でできる「膝の運動」をご紹介します!

2016/11/06

テレビCMでもお馴染み「ヒアルロン酸」と「グルコサミン」のお話

みなさん、こんにちは。
ピラティストレーナー、理学療法士の高橋です。

今日はテレビCMでもお馴染み「ヒアルロン酸」と「グルコサミン」のお話。

Pain in knee

Pain in knee

 年齢とともにだんだんすり減っていく『軟骨』

 
その名前のとおり弾性力があって、関節がなめらかに機能するためにとても大切な役割を果たしてくれていますね。軟骨がすり減ってくるとクッションの機能が落ちてしまうので、骨と骨が直接ぶつかり痛みが出ます。
 
関節にも負担がかかるので、腫れたり、水が溜まったりといった炎症が引き起こされるのです。
 
 
 
テレビCMでこんなフレーズ聞いたことありませんか?
 
”加齢と共に、体内の生成する能力が失われている・・”
”関節の痛みにはグルコサミンとヒアルロン酸が効果的”
 
 
美容外科でもヒアルロン酸注射があったり、ハンドクリームや入浴お互いなくてはならない存在で、不足すると肌や軟骨のうるおいがなくなってしまい、水分の少ないスカスカなクッションの乏しい軟骨になってしまうのですね・・・

お互いなくてはならない存在。 不足すると肌や軟骨のうるおいがなくなってしまい、水分の少ないスカスカなクッションの乏しい軟骨になってしまうのですね・・・

ヒアルロン酸、グルコサミンのサプリメントで本当に痛みはよくなるのでしょうか?

次回は、そんなお話をしたいと思います。

2016/10/04

正しい姿勢で腰痛、肩こり予防、カッコイイ身体を手に入れよう

みなさん、こんにちは。

ピラティストレーナー、理学療法士の高橋です。

前回は、”坐骨を感じて座る”というお話をさせていただきましたね。

坐骨座りも慣れてきた頃でしょうか。

 

今回は、みなさんが気になる”姿勢”についてお話しします。

どんなに素敵なお洋服を着ていても、やっぱり姿勢がよくないとみっともなく感じてしまうもの。。

かっこいい・良い姿勢ってどんな姿勢なの??

 

◎正しい姿勢になるために、骨盤を注目しましょう。

 

◆骨盤のトライアングルを常に意識しよう!

 

20161004-204945.jpg

腸骨の両脇を触ると、骨の出っ張りがあります。ここは「上前腸骨棘」と言われる部分です。

 

20161004-205120.jpg
この左右の2点と恥骨を結んだときにできる三角形が、骨盤のトライアングルです。

このトライアングルを作ると骨盤の向きがわかりやすくなります。

 

【実践してみよう!】

◎両手を中指の指先を恥骨に当て、手のひらの根元をこの上前腸骨棘に当てて両手で三角形を作ってみてください。

※仰向けの時はトライアングルは床と平行になります。座り姿勢・立ち姿勢の時は床と垂直になります。

 

 

 

20161004-205217.jpg
① まずは仰向けの状態で骨盤のトライアングルを床に平行にしてみてください。

その時に腰のところに手が横に一つはいる分の隙間ができていれば骨盤がニュートラルな状態です。

 

猫背さん、反り腰さんの骨盤は、下の写真のようになり易いんです。

最初は骨盤のトライアングルが床と平行は探しづらいですが、じっくりと時間をかけて探してみてくださいね!!

 

a)猫背さん

20161004-205416.jpg

 

b) 反り腰さん

20161004-205540.jpg

 

自分の姿勢に合わせて、骨盤の正しいトライアングル探しをしてみましょう!

 

 

 

 

 

2016/09/19

腰痛持ち必見! 腰に負担のかからない正しい座り方 ②

みなさん、こんにちは。
ピラティストレーナー、理学療法士の高橋です。

前回は腰への負担が減り、くびれができるというお話をさせていただきましたね。
坐骨 意識していただけたでしょうか?

早速、今回はみなさんと一緒に実践してみたいと思います!

この方法は椅子でもあぐらをかくでもどちらでも構いませんが、椅子のほうがわかりやすいので椅子での方法を説明します。

1.骨盤を動かして坐骨を感じる方法

20160919-001254.jpg
a.)椅子に座りおへそを後ろに倒すような感じで背中を丸めます。そうすると坐骨は前を向き骨盤は後ろに傾きます。
b.)椅子にお尻の骨がゴリッと当たったのがわかりましたか?それが坐骨です。
c.)次に、お尻の穴を後ろの人に見せるように骨盤を前に倒しながら反り腰になります。

正しく座れているということはお尻の骨が当たるということになります。

2.手で触り坐骨を感じる方法

1)椅子の真ん中より前に腰を掛けます。
2)右測のお尻の下に、手を平を上にしていれます。そのとき手の平にあたるのが坐骨です。
3)手でお尻の肉をかき分けるようにして、坐骨を座面に当てます。
4)左側も同じようにします。

いかがですか? 坐骨を感じられたでしょうか?

坐骨座りがマスターできた方!
次は、骨盤を立てたまま左右に骨盤を揺らし、左右の坐骨に体重をかけてみてください。

さらにチャレンジしたい方!
骨盤を立てたまま交互に坐骨を前に後ろに振り出し椅子の上で骨盤歩きを行ってみてください。

2016/09/03

腰痛持ち必見! 腰に負担のかからない正しい座り方 ①

正しい座り方のポイント=「坐骨で座る」

人は座っている状態で長時間を過ごすことが多くなっています。
しかし、座っていると腰が痛い、肩こりがひどくなるといった問題も出てきているのが現状です。

そこで、座っている時間が問題視されがちですが、実は座り方にも問題があります。

今は、崩れたような格好で座っている人が多く背すじを伸ばしバランス良く腰掛けている人はあまり見かけられません

では、正しい座り方とはいったいどんな座り方なのでしょうか?

それが、“坐骨で座る”です。

20160903-125739.jpg
写真1 坐骨の写真

人間の腰は、骨盤が垂直に立っている状態が一番負担が少ないといわれています

20160903-125913.jpg
写真2 理想の立位姿勢

ピラティスでいう骨盤ニュートラルです。

坐骨で座れば骨盤が立ちます。

20160903-130011.jpg
写真3 坐骨座り

そうすれば、立っているのと同じ骨盤の状態になるので、腰に負担がかからず、且つ体幹の深部の筋肉が働きやすくなります。
座っていても楽です。

正しく座ることは腰の痛みの予防につながるとともに、くびれも作ることができます。

正しい座り方をして、体に負担をかけない生活を目指しましょう。

——
文: 高橋秀幸

20160903-130817.jpg
平成17年理学療法士免許取得。
総合病院にて11年勤務後、現在介護福祉施設で勤務。これまで、1000人以上の患者さん・利用者さんと関わり多くの疾患や怪我の急性期・回復期から通所リハ訪問リハの在宅リハビリテーションにまで携わる。

リハビリには、徒手療法や物理療法、運動療法など様々なアプローチがあるが、動くことにより人は良くなると臨床経験から感じ運動療法・ボディワークを中心に勉強を続ける。

そこで、選んだのがピラティス。
理学療法士、一般の方、アスリート、中学生、マタニティなどにピラティスを指導し、人間の身体が本来もった効率的な動きを感じてきてもらいました。また理学療法士として解剖学、神経学、運動学の視点からピラティスがなぜ身体に効果があるか一般の方にも分かりやすく説明できるよう精進している。Movements Unityでのピラティス指導、勉強会、ワークショップを開催。

Reservation
レッスン予約

レッスンご希望の方はフォームよりご連絡をお願い致します。