2016/03/15

◼︎わたしのピラティス道

初めてNYの地を踏んだあの日。

9.11の後のNYはなんとなく緊張に包まれ、右も左も分からない私は緊張とワクワク感に包まれていた。

Lesleyはどこ?
当時めちゃくちゃな英語でスタジオオーナー(Lesley)に何度も聞いたり。。

当時、NYでお世話になったななさんとは12年経った今でも、日本でお世話になっているとっても大切な大先輩!!
カラダも観てもらうし、相談にものってもらうし。

そんなななさんが、Facebook でこんな記事をシェアしてくれました。

こんな思いがたくさん詰まった文章に、時間を要してくれたななさんに感謝です。

↓↓

>出会いは12〜13年前かな?

真弓ちゃんがマットの資格をとる為、
NYにTeacher training courseを受けに来ていて、

その時に私のマシーンを使ったPrivate sessionを
とってくれました。

月日が経つのは早い!早くない? 早いぞっ!

最初に会った時は、それまで身体に関わる事をしてきた彼女ではなかったので、
仕事として「これからが大変な道になるんだろうなぁ。。」と思った。

その後、ピラテスの土壌も何もなかった長野に一人でスタジオをオープンしたと聞き、
「これまた大変な道を選んだなぁ。。凄いなぁ!」と思った事を覚えている。

でも真弓ちゃんは、今でも変わることのない努力や勉強、探求、クライアントさんへの想い、人柄などなどによって、
今では押しも押されぬ第一人者となったです。

これ!凄い事なんです!!

ダンサーやアスリート系の出身、医療系従事者の
トレーナーがほとんど、という中で

これって、ものすごい努力あっての事なんです!!

そんな彼女の「長野の人にもぜひWSを受けて欲しい!」という熱い情熱で、今回呼んで頂きました。

ワクワクしながら為になるWSにしたいな。長野近郊の皆さん、ぜひお越し下さい〜!

今思うと、当時何の迷いもなくわたしはこの世界に飛び込んで教えることに没頭してきた。

カラダの新たな発見は楽しいし、クライアントさんの変化を日々実感できるのはこの上ないわたしの喜び。
一方、この世界で学び生きていく違和感や自分の未熟さと格闘する日々は自分なりに苦しい時もあった気がする。

そんな時、LesleyはじめNYの同じ学校で学んだ先輩の存在はどれだけ大きいことか。

そんな大先輩がわたしのために貴重な時間を割き、こんな文章を書いてくれたことは感謝以外の何物でもない。

自分を客観的に見れるチャンスをも運んでくれた。

自分を信じ、感謝を忘れない。

長野でのワークショップが楽しみです^ ^

 

2015/04/05

in/out ワークショップ by ななこ うえだ ②

201504050720432e4s

Reservation
レッスン予約

レッスンご希望の方はフォームよりご連絡をお願い致します。