About Pilatesピラティスとは?

ピラティスについて

ジョセフ・ピラティスについて

ピラティスメソッドは、ジョセフ・H・ピラティス(1880-1967)によって発明されました。ドイツ デュッセルドルフ近くに生まれたジョセフH.ピラティスは、ボディコンディショニングに生涯関心を持っていました。くる病、喘息、リウマチ熱に悩まされていた体の弱い子供の頃、彼はより強くなることに専念し、 解剖学や様々な運動を学ぶことで、健康と体格を改善しました。14歳の時には、解剖図のモデルを依頼されるほどの成功を収めました。

1914年頃、ジョセフ・H・ピラティスはすでにイギリスに住み、体操選手、スキーヤー、ダイバー、ボクサーとして活躍していました。 第一次世界大戦が勃発すると、彼は他のドイツ人と一緒にイギリスのランカスターに強制収容されました。 そこで彼は、20年間の独学とヨガ、禅、古代ギリシャ・ローマ時代の肉体鍛錬の修行で培った概念やエクササイズを、収容所の仲間たちに教えました。 この時に、彼は現在「ピラティス・マットワーク」として知られている独自のエクササイズのシステムを考案し始めました。 彼はこのレジメンを「Contrology」と呼んでいました。 数年後、彼は別の収容所に移され、そこで戦時中の病気や身体的な怪我に見舞われた多くの実習生の看護師・世話係となりました。 ここで彼は「患者」をリハビリするための装置を考案し始めました。このシステムは、1926年にニューヨークにスタジオをオープンした際に持ち込まれた、彼のスタイルのボディコンディショニングと特殊な運動器具の基礎を形成しました。

ピラティスメソッドについて

レッスンイメージ

全身の柔軟性、強さ、バランスを向上させることに焦点を当てたエクササイズシステム

ピラティスのボディコンディショニングメソッドは、全身の柔軟性、強さ、バランスを向上させることに焦点を当てたエクササイズシステムです。 それは、一連の制御された体系的な動きと、集中した呼吸パターンを組み合わせることで、あなたの体、心、そしてスプリットに働きかけます。 ピラティスのボディコンディショニングメソッドは、近位から遠位へ、中心から周辺の身体の部分に働きかけます。 弱い表層的な筋肉を鍛えるのではなく、より強い深層筋に働きかけ、長く引き締まった筋肉を作ります。ピラティスメソッドは、リフォーマー、キャデラック、ウンダチェア、ビッグチェア、バレルなどの特別に設計された運動器具で行われます。 各セッションは広範囲に訓練された指導者によって指導されます。

リハビリテーション方法から体系化

ピラティスのボディコンディショニングメソッドはもともと、リハビリテーションのために提唱されました。リハビリテーション方法が体系化されたコンディショニングの為、マットの上で寝転びながら行う動作も多く、運動に苦手意識がある方も取り入れやすいエクササイズです。

特にプライベートセッションではクライアントの進捗状況、体調に合わせてプログラムを組みますので、運動が苦手な方や、産前・産後の方にもおすすめです。(産前・産後の方は主治医より運動許可がある方に限ります)

ピラティスの魅力と効果

ピラティスの効果

ピラティスメソッドの6つの主要な原則

1. センタリング
メソッドの主眼。すべてのワークはセンターから始まり、センターを通して持続。 ジョセフ・ピラティスはこのセンターを「パワーハウス」と呼んでいました。

2. 集中
完全に演習とワークアウトから利益を得るために集中して実行されます。 それは体を導くのは心です。 心の5つの側面がワークアウトに持ち込まれます。 それらの側面は知性、直観、想像力、意志および記憶です。

3. コントロール
中心に立って集中して作業を行うと、行われる動作を自分でコントロールしていることになります。 癖(特に悪い癖)や重力に支配されることはありません。ジョセフ・ピラティスは、彼のメソッドを「コントロール術」と呼んでいました。

4. 精度の高さ
エクササイズは正確な目標を念頭に置いて設計されており、細部には細心の注意を払わなければなりません。 すべてのエクササイズは、明確な構造、正確なフォーム、最適なダイナミックさを持っています。量ではなく質を重視する。

5. 呼吸
すべてのエクササイズは、呼吸と心臓の鼓動のリズムに合わせて行います。 筋肉が最も必要としているときに新鮮な酸素を送るために努力のポイントで息を吸います。 肺からすべての古い空気をできるだけ絞って、息を吐き出します。

6. 流れ
フルワークアウトでは、流れのあるエクササイズが連続して行われます。 特にトランジションでは、最小限の動きで最大の流れを実現します。

ピラティスを行っている間は、これらの原則を心に留めておくようにしましょう。 6つの原則をすべてワークアウトに取り入れることが、ワークアウトから最大の利益と効率を得るための究極の目標です。

Reservation
レッスン予約

レッスンご希望の方はフォームよりご連絡をお願い致します。