■ピラティスでイキイキと歳を重ねていく方法

2016/05/12

投稿者:伊藤真弓

MOVEMENTS UNITY代表。インストラクター歴12年(2016年現在)
2004年に長野県初のピラティススタジオをオープン。長野、東京、その他の地域を中心にピラティス・トレーナーとして多くのクライアントのケアに努める。

20160512-004852.jpg

“自分にウソをつかない”

今年はそんな想いで 前に進んでいる。

ピラティスラバー が何を求め毎週 足繁くレッスンに通い、何を得たいのか。そっと 側でカラダの声に耳を傾けると、不思議とそれが伝わってくるものだ。

あるがままの自分で接することを大切に。

子育てをしたことはないけれど、目の前のクライアント、ピラティス/ヨガの先生が 「自分の子どもだったら」 という”目線”で 言葉や態度を選ぶようになった。

カラダも育てていくものだから。

年齢や性別、カラダの柔軟性、運動経験有無でカラダが変わらないなんてウソよ!!

まだまだ 変わる。いや、絶対変われるから!

60才 70才を過ぎても、姿勢良く ハツラツと笑顔で颯爽と歩くステキな女性 男性、貴方の周りにいませんか?

そんなイキイキとした人生の先輩を、是非あなたの周りで見つけてみて!

外見だけじゃなくて、きっと内面も学ぶことの多い素敵な生き方をされている方だから♪

Reservation
レッスン予約

レッスンご希望の方はフォームよりご連絡をお願い致します。